銀行カードローン、銀行系・専業系消費者金融の違いとは

消費者金融を選ぶ基準については、こちらのページで触れましたが、 最近良く聞かれる銀行カードローン、銀行系消費者金融、専業系消費者金融があります。 これらの違いについて、今一歩わかりにくいという方もいるかと思いますので、 まずは当サイトで取り上げている大手業者について、それぞれどれに該当するのかまとめておきます。

業者名 分類 総量規制
オリックス銀行カードローン 銀行カードローン 対象外
レイク
カードローン バンクイック
アコム 銀行系消費者金融 対象
モビット
プロミス
アイフル 専業系消費者金融

銀行カードローン

銀行カードローンでは、銀行による銀行法に則った貸し付けとなるため、貸金業法の決まりである総量規制の対象とはなりません。
レイクに関しては、かつてレイクという名称の消費者金融だったことから、混同されがちですが、新生銀行カードローンの傘下となり「新生銀行カードローンレイク」という名称となっており、分類としては銀行カードローンとなります。

銀行系消費者金融

これらの業者は、銀行との資金提携などなんらかの形で関わってはいますが、
貸し付け業務そのものは、貸金業者として行っているため、総量規制の対象となります。

専業系消費者金融

大手業者の中では唯一、アイフルだけが専業系といえる消費者金融です。
貸し付けを貸金業者として行っているほか、銀行との資金提携なども行っていません。

審査の通りやすさと総量規制がポイント

さて、ざっと分類するとこのような形になります。かつて銀行での借入れは審査が通りにくかったり、審査スピードが遅かったりといった一面がありましたが、
現在ではかつてのような大きな差はなくなってきている傾向にあります。 (多少の違いはあります)

それとやはり総量規制の対象であるかどうかは、大きな違いといえます。
また、金利面ではやはり銀行カードローンが有利です。
さらに土日の即日融資初回以降の利用時に24時間借り入れ可能か?など、
時間的な制約に関しては、銀行カードローンよりも、銀行系・専業系消費者金融が有利であるといえます。
こういった特徴さえおさえておけば、それ以外の部分ではそれほど大きな差はないといっても過言ではありません。