消費者金融の審査が早い理由、通りやすい理由について

無担保、保証人不要での個人融資、つまりキャッシングでの借り入れは、
消費者金融をはじめ銀行カードローンや信販系など、いくつか選択肢があります。

この中でも消費者金融は審査の迅速さ、審査の通りやすさという点で群を抜いています。
最近では銀行カードローンも即日融資を謳っていたり、審査も通りやすくなったという話もありますが、全般的にみるとやはり消費者金融には敵わないといえます。
なぜなのでしょうか?

消費者金融はお金を貸すことがすべて

銀行は他にもさまざまな業務があります。そして信販会社も同様。
基本的にお金を貸すことだけで利益を得ているのが消費者金融だといえます。
少ない金額であってもより多くの人に貸し付けを行いたいというのが本音なのです。
そのためには、審査についても出来る限り簡略化して、
迅速に融資を行う必要があるのです。

ありえない極論を言えば、審査すら行わずにだれにでも融資を行えば、
より多くの人に貸し付けを行うことが可能ですが、それでは返済できない人にまで貸してしまうことになり、
貸したお金が返ってこない、貸し倒れとなってしまい商売としてなりたちません。
そこで、ある程度の貸し倒れでも商売に支障のない程度に、金利を高めに設定した上で貸付を行っているということになります。

長年にわたってこういった位置づけにおいて業務を行ってきているわけですから、
迅速な審査を行うためのノウハウをたくさん持っているというのも、迅速な審査の理由のひとつといえるでしょう。

総量規制も迅速な審査に一役買っている?

総量規制の導入や、グレーゾーン金利の撤廃など、貸金業法の改正は消費者金融などの貸金業者にとっては、貸し付けができる顧客と利益の減少に直結する結果となり、
業界そのものが縮小するほどの大きな痛手となりました。

しかし総量規制は、審査時においてひとつの明確なボーダーラインを規制という形で設定したことによって、より簡略な審査を行うために一役買っているともいえます。
つまり、これまでであれば収入に対して不釣合いな融資を希望する方や、
他社借入れが大きくなってしまっている方などに対して、その都度審査を行って判断をする必要がなくなったのです。総量規制という基準をクリアできていればOKという簡単な判断でよいということなのです。

消費者金融のセールスポイントって

消費者金融が審査に通りやすい理由として、
銀行で借りられない人のための融資として存在してきたという点が挙げられます。
金利はちょっと高いけれど、審査に通りやすく、迅速な審査によってすぐにお金を借りられる。これが消費者金融の特徴であると同時にセールスポイントであるともいえるのではないでしょうか。