年収300万円、キャッシングでどのくらい借りれる?

キャッシングにおいて自分はどれくらい借りれるのか気になったりしませんか?
キャッシングを利用した事がある人も無い人も参考程度に読んでもらえると嬉しいです。

借入した事がある方であれば、数万円借りる事はそれほど難しくない事は知っていると思います。
では額が大きい場合はどうでしょうか?

例えば100万円借りたい場合などです。
100万円というと大口融資に分類され、
金利についても上限金利15%より上げることができない額になります。

100万円借りるのに必要な年収

総量規制という言葉を聞いたことありますか?
総量規制は賃金業者を対象として作られた法律で
年収の3分の1までの貸付に制限する法律です。

なので、消費者金融などの賃金業者で100万円キャッシングする場合は
最低でも年収が300万円必要になります。

自分が借入可能な額は年収の3分の1まで

自分の借入可能額が知りたいときは、年収を3で割れば
すぐに計算することが可能です。ただし、実際に借りれるかは
審査によるので確実ではありません。クレジットカードのキャッシング枠がある人などは
借入とみなされ、減額されることもありますし、過去に返済に遅れていたりなど、
信用度が下がっていたりする場合は希望額借りれない可能性もあります。

消費者金融でキャッシングするなら、借入限度額や金利、オススメ度など
キャッシング比較ができる消費者金融一覧を参考にしてみてください。

借りた後今後の人生にひびく(悪影響)ことはある?

相対的に見れば少ないですが年収300万で住宅ローンを組む人も中にはいます。
ネットで調べれば年収300だっていけるという声はいっけこうありますし、住宅ローンサービスも
当然審査はしますが、最近の低所得でワークライフバランスを重視する傾向の人を無視する
ことはできないかと思います。たぶん、無視したらいやらしい話、サービスを使ってもらう母数が
極端に減るんじゃないかなって思います。
但しキャッシングが持つ住宅ローン審査への大きな影響とはという記事があったのですがキャッシングをしているのに住宅ローンの審査は
難しいと考えたほうが良いでしょう。返済後どうなるかも、下手なことは言えないのでここでは言いません。
返済後で住宅をという人はまあ、ローンに審査をお願いしてみれば良いだけの話ではありますが。
冷静にといいますか、現実的に考えてキャッシングを現在進行形でしている人は月の給与で足りず借りている
というのは明白ですし、基本、住宅を購入する場合はそれなりの頭金を用意するのが一般的ですよね。
自分が審査担当だったらどうするか?って質問してみましたが、そりゃあ貸さないかなと思います。