お金を貸すかどうかを決めるための個人信用情報

例えばあなたが知人の誰かに10万円ほどのお金を貸すなら、
貸したお金がちゃんと返ってくるのか?気になるポイントです。
その知人の職種は?収入は?ほかに借りている人は?借りているならちゃんと返してる?
こういったことを参考に、ちゃんと返してくれる相手なのかどうかよく考えて、
最終的に貸すか貸さないかを決めるはずです。

消費者金融が私たちに融資を行うときにもまったく同じで、
さまざまな情報を参考に貸すか貸さないかを決定するのです。つまりこれが審査です。
申込みの際には、あなたのさまざまな情報を申告します。
住所、氏名、年齢、電話番号、職業、勤務先、勤続年数、年収、他社借入額、などなど。

さて、これらの個人情報。虚偽の申告をしたならどうでしょう?
もし消費者金融が虚偽の申告を信用したなら、審査を可決して貸してくれるはずです。
(勤務先については在籍確認があるので虚偽申告は無理。)
貸してくれたのはいいけど、あなたの情報は嘘だったので、
お金は返ってきません、不良債権です。これでは金融業者は商売になりません。

個人信用情報機関はひとつだけじゃない

そうならないために、消費者金融やクレジットカード会社等を利用した場合には、
各業者が加盟する個人信用情報を取り扱う団体に、
利用者の個人情報が登録されるようになっています。
この情報を、加盟する各業者間で共有して個人情報を確認しています。

主に貸金業者が加盟するものと、主に銀行が加盟するものの、
3つの個人信用情報機関があります。

主に貸金業者が加盟している個人信用情報機関

● 日本信用情報機構(JICC)
  http://www.jicc.co.jp/

● 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  http://www.cic.co.jp/

主に銀行が加盟している個人信用情報機関

● 全国銀行個人信用情報センター
  http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

ちなみにJICCに加盟する業者を利用している情報は、
CICに加盟する業者からはわかならい。というわけではないのです。

これらの3つの信用情報機関の間では、
申し込み時などの申告情報、返済の遅延などの事故情報があった場合、
その情報はCRIN(Credit Information Network)と呼ばれるネットワーク上において、
共有される仕組みとなっています。

例えば、銀行のカードローンに申し込みをして審査が否決となった場合
そして審査が通過した場合、さらに返済が遅れている場合などの直後に、
消費者金融で申し込みをしたなら、銀行でのこれらの出来事はすべて情報共有され、
照会することができるのです。

あなたが知人にお金を貸す場合は、あなたの知っている知人の情報のみを参考に、
お金を貸すか否かを決定しますが、消費者金融やクレジット会社、さらには銀行が
お金を貸す場合には、このような情報共有システムによって、利用者の情報を共有して、
貸すか否かを判断しているわけです。